王に俺はなる

【王に俺はなる】門客の資質や属性値とは?

投稿日: 7,779ビュー

王に俺はなるの話題になります。

この記事では王に俺はなるの初心者むけに門客の資質や属性値とは何かについて書いてみます。

資質とは?

門客の資質とは門客の画面の下に表記されているものです。

武力資質、知力資質、政治室、魅力資質があります。

 

元の総合資質が高い門客はレア度が高いと言えるかもしれません。

初心者であれば10万人突破記念でもらえた宮本武蔵などはレア度が高いキャラです。

 

例えば宮本武蔵の場合は総合資質の初期値は24あたりだったと思います。

それぞれの資質は巻物などで強化可能です。

スポンサーリンク

巻物での資質強化について

巻物での資質強化については、星の数が少ない資質は強化成功の確率が高いようです。

星の数が多い資質を巻物で強化する場合は強化成功率は低いですが、強化に成功した場合の数値の伸びが大きいようです。

属性とは?

属性とは門客詳細画面の上に表示されている、武力、知力、政治、魅力の4つの数値の事であります。

それぞれの属性の値は資質の数値が高い程レベルアップしたら数値が伸びるようではあります。

属性値を上げる方法

門客は銀錠を使ってレベルアップできます。

銀錠はゲーム内の通貨の事であります。

門客はレベルアップすると資質に応じて、それぞれの数値が上がります。

 

属性剤などを使って属性値を上げる事もできます。

イベントや実績などの報酬で属性剤が入手できる場合があります。

それを門客に使うと、それぞれの属性剤の特徴によって、武力、知力、政治、魅力の値を上げる事ができます。

例えば知力丸であれば知力の数値が上がります。

スポンサーリンク

属性値が影響するもの

各属性値は何に影響するのかを書いておきます。

 

武力は上げると関所での戦闘の際に影響する属性値です。

知力を上げると資産経営で商業経営に影響し、お金が貯まりやすくなります。

政治を上げると資産経営で農業経営に影響し、食料が確保しやすくなります。

魅力を上げると資産経営で兵士召募に影響し、兵士確保がしやすくなります。

主人公の勢力に影響

門客の属性値を上げると主人公の勢力値も上がっていきます。

感覚としては総合戦力のような数値になるでしょうか?

魅力と政治のバランスを考える

兵士召募には食料が必要になってきます。

食料の確保は政治の属性値が影響します。

 

ですからこの2はバランスよく上げる方がよいでしょう。

政治より魅力が若干低いくらいに上げていくと、食料の枯渇の心配がないかもしれません。

上げたい属性値を考えて門客のレベル上げ

門客はクエストを進めていくと増えていきます。

課金者であれば特典でレア度の高い門客を入手する事も可能です。

 

門客は元々の資質に違いがあります。

例えば宮本武蔵なら知力、政治の資質が元々高いです。

 

宮本武蔵のレベルを上げれば知力と政治属性の数値が上がりやすいです。

武力を上げたければ、武力の資質が高い門客をレベル上げするとよい事になります。

王に俺はなる 攻略のまとめ

スポンサーリンク

-王に俺はなる

関連記事

【王に俺はなる】勢力とは何か?勢力の上げ方を解説

王に俺はなるの記事になります。 この記事では王に俺はなるで勢力とは何か?勢力の上げ方を解説します。 勢力とは? まず勢力とは何かですが、勢力とはプレイヤーの総合的な強さという事になります。 勢力は武力 …

【王に俺はなる】どの門客を育てるべきか迷う

王に俺はなるの話題になります。 あんまり、がっつりとやってる感じではないのですが、ボチボチそだっています。   無課金、微課金の部類になるので、あまり課金予定はないです。 その場合は、どれか …

【王に俺はなる】イベント「巾幗五虎」どうやってやるの?巾幗令の入手方法は?

王に俺はなるをしばらく遊んでいます。 課金はしていない状態ですが、勢力40万を超えました。   やる事が単調にはなってきているので、このまま続けるのかは微妙です。 する事なくなったら資産経営 …

【王に俺はなる】趙合徳を入手しました、武力★1でも武闘派に変えられる?無課金、微課金の育成旅その2

こんにちは、王に俺はなるの話題です。 筆者は高漸離を集中育成する事に決めてはいました。 【王に俺はなる】高漸離を育成したいと思うが・・・無課金、微課金の育成旅その1   高漸離は特長が武力の …

【王に俺はなる】武力の上げ方はどうすればいい?初心者が効率的に武力を上げる方法を解説

王に俺はなるを遊んでいます。 課金はしていませんが、勢力値は32万程になりました。   この記事では初心者向けに武力の上げ方を解説してみようと思います。 関所で戦いをやっているけど、どうもう …

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。