リネージュ2 レボリューション

【リネレボ日記】話せる島西部のコア集め中 

投稿日: 347ビュー

リネージュ2レボリューションなんですが、筆者は現在コア集め中心にやっています。

 

いろいろなダンジョンとか毎日の日課を並行しながらコア集めをやっているところです。

 

あまり強くない敵がでる場所のコアだからなのか、集めても劇的に戦闘力に変化があるわけではないのですが、積み重ねではあるでしょう。

 

経験値も徐々に貯まるのでmmo感は感じています。

スポンサーリンク

弱い敵なのでポーションもいりません。

並行してデイリークエストをやっていくと経験値もたまり、そのうちレベルが上がりそうです。

レベル35も近くなってきました。

 

心配された武具のドロップなのですが、レベル差があっても狩り量が多くなれば武具もドロップしてる感はあります。

ひょっとしてドロップ関連のレベル差はあまり意識する必要はないのかな?という感はありますね。

 

元祖リネージュなんかもレベル上げにはポーションを節約してやるわけですが、

リネレボも低レベルの敵の場所でコツコツと経験値を集めるとよいのかもしれません。

 

リネレボの場合は元祖リネージュやリネージュ2と違って自動戦闘があるので楽だし、筆者的には続けられそうなんですよ。

筆者が一番めんどうくさくなる、経験値稼ぎの戦闘が自動化されるのはよいです。

 

武具のレベルアップなのですが、装備ダンジョンもあるし、低レベルの敵からもドロップはできるから、たまに強化もできたりするのですが、

今度はアデナが足りない状況にはなります。

 

Nランクあたりの武具は売る事になるのかもしれません。

噂話で心配された無課金、微課金はレベル上げはしてはいけないという事も、実は気にする必要もないのかもしれない。

 

今後、筆者のように課金しなくてもゲームが進められるのかについては人柱になって確かめていくしかなさそうです。

今の感じだと普通にどんどんレベル上げしちゃえばいいんじゃないかな?と思います。

 

モンスターコアはレベル差関係なしにドロップできるし、数を狩れば低レベルの敵からもアイテムをドロップはしてる感はあります。

mmoなんて自分より低レベルの敵を狩りまくるゲームなので、ゲームバランス的にはちゃんと作られてるんじゃないのか?といった感想です。

 

スマホゲームでは主流のソシャゲ型ゲームとは、少し違うゲームシステムではあるのがmmoではあると思うので、こんなもんじゃないのかな?とは思っています。

だから無課金、微課金はレベル上げしない方がいいっていうのはどうなんだろう?

別に気にしなくていいんじゃないのか?というのが今の所の推測です。

これから先、どんどんレベルを上げてみて結論を出したいと思います。

リネージュ2レボリューション 攻略のまとめ

スポンサーリンク

-リネージュ2 レボリューション
-

関連記事

no image

【リネレボ日記】レベル40になりました リネージュ2レボリューション

リネージュ2レボリューションですが、レベル40になりました。 そんなに頑張っているわけではないですが、適当に経験値は稼げているようです。   経験値稼ぎのメインは毎日ログインして、各ダンジョ …

no image

【リネレボ日記】レベル39になりました、エルフの遺跡1階でコア集め中 リネージュ2レボリューション

リネレボなんですが、放置しなら遊べるのでなんと続いている状態です。   そういえばサーバーに関する事を書いてみたので参考にどうぞ。 サーバー変更はできるの?おすすめのサーバーは? &nbsp …

no image

【リネレボ】2次転職後は他の職に変更できないの? リネージュ2レボリューション

リネージュ2レボリューションの話題になります。   リネージュ2レボリューションは2次転職後に別のクラス(職業)に変更できないの?かという質問をされている方がSNSにいました。   …

no image

【リネレボ】採集ダンジョン出口、出方、脱出方法は?採集ダンジョンから出れない? リネージュ2レボリューション

リネージュ2レボリューションの話題です。 今回は装備ダンジョンで出口が分からない、脱出方法が分からないという方のために記事を書いてみます。   初心者にとってダンジョンからの脱出する方法は迷 …

no image

レベル34になりました、話せる島東部モンスター図鑑コンプリ【リネージュ2 レボリューション】

リネージュ2レボリューションなんですが、レベル34になりました。   話せる島東部モンスター図鑑のコアを全部集めてコンプリしました。   現在筆者はコア集めを中心にやっています。 …

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。