三国ロマンス~乱世を終える少女

【三国ロマンス】リセマラは不要?30回の10連で☆5が2つ狙える? 三国ロマンス~乱世を終える少女

投稿日: 449ビュー

三国ロマンス~乱世を終える少女を少し遊んでみました。

このゲームは開発が中国になるようですね。

 

中国で人気になったゲームだそうです。

ダウンロード数もgoogleplayで5000万を超えていました。

 

海外では有名になっているゲームなんでしょう。

おそらく中国?

 

そんな三国ロマンスなんですが、このゲームもキャラをガチャで当てるゲームになっています。

当然リセマラが必要になると思ってしまうのですが、そうではありませんでした。

スポンサーリンク

三国ロマンスのリセマラのコツは?

三国ロマンス~乱世を終える少女のリセマラのコツです。

まずチュートリアルが始まってから筆者はガチャの引ける場所へ移動しました。

 

チュートリアルの途中でガチャは30回まで引き直しができると情報を得た筆者は、たぶんガチャというところをタップしてみたのかもしれない。

他サイトの情報ではチュートリアルは左上にある戻るボタンで中断できるとの事です。

 

ゲームを始めてチュートリアルが始まったら、すぐにガチャを引きにいけばよさそうです。

10連のガチャは30回引きなおす事ができる

三国ロマンス~乱世を終える少女はリセマラ前提で作られているようです。

初心者は10連のガチャを30回引きなおす事ができるようになっています。

 

☆5のキャラが2体まで当てる事ができると表示されているので、☆5が二つでるまでガチャを引き続けてみるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

30回で足りそうもなくなったら?

筆者は一度☆5のキャラ2つでたところでゲーム画面が固まってしましました。

仕方ないのでゲームを落としてみると、なんとガチャ回数が30回に戻っていました。

 

その後さらにガチャを引いてみると30回以内に☆5二つでそうもありません。

そこでもう一度ゲームを落として起動させてみると残り回数が30回にまた戻っていました。

 

機種によって、この技が使えるか分かりませんが、30回で☆5が二つでそうもない場合は試してみるとよいかもしれません。

筆者は30回使い切る前にゲームを落としてみました。

ということで筆者は無事に☆5キャラ二つを手に入れる事ができました。

まとめと感想

この記事では三国ロマンス~乱世を終える少女のリセマラについて書いてみました。

三国ロマンス~乱世を終える少女は10連のガチャの引き直しが30回までできるようになっています。

 

リセマラが不要のゲームであるかもしれません。

無料の10連ガチャで狙えるのは☆5二つまでのようなので、☆5のキャラ二つを狙って30回引いてみるとよいでしょう。

 

30回で☆5キャラが2つ出そうもない場合は、一度ゲームを落としてみると残り回数が30回まで戻るかもしれません。

機種によって違いがあるかもしれませんが、試してみてください。

三国ロマンス~乱世を終える少女の攻略まとめ

スポンサーリンク

-三国ロマンス~乱世を終える少女

関連記事

no image

【三国ロマンス】50%OFF課金ガチャはお得?150ダイヤの半額課金ガチャで☆5の馬騰がでた

三国ロマンスの話題です。 三国ロマンスでは毎日1回300ダイヤの課金ガチャが半額の150ダイヤで引けるようですね?   毎日1回引けるのか、期間限定なのかはよく分からないですが、お得な感じが …

no image

【三国ロマンス】お金の稼ぎ方、金策、銭貨を稼ぐ方法

三国ロマンスの話題になります。 筆者はプレイヤーレベルが45を超えました。   プレイヤーレベルが45を過ぎると武将のレベル上限を60まで解放できます。 しかし上限解放に必要な銭貨が30万と …

no image

【三国ロマンス】かぶりキャラはどうしたらいいの?

三国ロマンスの話題になります。 今回はかぶりキャラはどうしたらいいのかについて書いてみようと思います。   おそらく初心者の中にはかぶりキャラはどうしたらいいのか?分からない方もいるかもしれ …

no image

【三国ロマンス】武器装備の入手方法と装備の使い方、進化させる方法 

この記事では三国ロマンスの武器装備の入手方法について初心者向けに書いてみます。 また武器装備の使い方、進化させる方法についても記述します。 武器は進化させて使う 三国ロマンス~乱世を終える少女では武器 …

no image

【三国ロマンス】おすすめの編成は?

この記事では三国ロマンスのおすすめの編成を考えてみたいと思います。 衛士と補佐は1は入れたい? 衛士は防御が高く硬いので死ににくく前線に配置しておくと相手を引きつけてくれます。 衛士に敵を引きつけさせ …

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。